1. ホーム
  2. 既刊本
  3. ノンフィクション
  4. 紅色新聞兵
紅色新聞兵

紅色新聞兵

著者名:
写真・文:李 振盛、序文:ジョナサン・D・スペンス
価格:
本体4,980円+税

商品情報

・形式:ソフトカバー
・ページ数:316ページ
・画像:c.300 b&w illus.
・サイズ:25.8 x 19.2 x 3.2 cm
・ISBN13:978-4902593136
・ISBN10:4902593130
・発売年:2005年2月
受賞:Winner of The Olivier Rebbot Award for best photographic reporting from abroadin magazines and books, Overseas Press Club, 2003

内容

商品説明:
  • 中国の文化大革命(1966–76年)を記録した初のビジュアル史。当時のすべてをとらえた、唯一残存する貴重な写真を収録
  • 写真家、李振盛(1940年生まれ)が自らを危険にさらしながら、40年間隠し持っていた膨大な数のオリジナルネガを新たにプリント・編集。文革の時代を生きた李振盛の個人史もあわせて掲載
  •  中国国内外でほとんど公開されることのなかった、現代史におけるこの悪名高き、誤解に満ちた時代の論争を巻き起こす視覚資料となっている
  • エール大学教授で著名な中国史研究者であるジョナサン・D・スペンスによる序文
     

目次:
  • 1 「造反有理」1964‐1966年
  • 2 「司令部を砲撃せよ」1966年
  • 3 「心のなかの真っ赤な太陽」1966‐1968年
  • 4 「革命とは客を招いてご馳走することではない」1968‐1972年
  • 5 「死ぬまで闘う」1972‐1976年
  • エピローグ 1980年